三宅裕司が病気で足が悪い?入院後フジテレビに復帰?がんの難病?現在の画像は?

お笑いタレント/芸人・コメディアン

コメディアン・タレントの三宅裕司(みやけゆうじ)さんが注目されているようです。

三宅裕司さんの激やせや入院など、病気説が流れているようです。真相はどうなのか、「がんである」という噂は本当なのかについてまとめてみました。

激やせ後の現在の画像なども紹介したいと思います。

三宅裕司が病気で足が悪い?

タレントの三宅裕司さんが2011年に年内いっぱいで芸能活動を休止することを発表した。

三宅裕司さんは、2011年7月30日腰部椎間板ヘルニアを手術

手術は無事に成功したものの、痛みに耐えて仕事を続けた無理がたたり、現在も足の痺れが残っている状態だという。

椎間板は、10歳を過ぎたころから老化が始まるのだそうです。

後遺症としては、ヘルニアによる脊髄・神経の圧迫が著しい場合、脊髄・神経が一部分で回復ができなくなっているときがあります。その場合は、痺れや麻痺が残るのだそうです。

スポンサードリンク

三宅裕司さんの事務所はこの日、「ヘルニアが巨大であったことに加えて、本人が痛みに耐えて仕事を続けてしまった無理がたたり、現在も足の痺れが残っており、年内はリハビリに専念するために療養させて頂くこととなりました」と書面でコメントを発表。

ヘルニアと診断された人の中でも手術が必要になるのは1%で、後遺症まで残るのはかなり稀だとのことです。相当な痛みを我慢して、無理して仕事を続けられていたのでしょう。

リハビリで良くなるケースもあるようなので、リハビリに期待するほかないですよね。1番のヘルニアの治療は「安静にすること」だそうなので、この芸能活動休止は致し方ないですね。

フジテレビで復帰を発表した?

7月30日に腰部椎間板ヘルニア手術を受け、リハビリのため休養していたタレント・俳優の三宅裕司が、2012年元日から仕事復帰することがわかった。

電話出演したラジオ番組「三宅裕司のサンデーヒットパラダイス」(ニッポン放送)で明かすと共に、公式サイトでも発表している。

当初の『年内いっぱいの療養』とのコメント通り、2012年元旦からの芸能活動復帰となったようです。リハビリが順調に進んだということでしょうか。

公式サイトに掲載された「三宅裕司に関するお知らせ」によると、三宅が復帰するのはニッポン放送で2012年1月1日、午前6時から11時まで放送される「三宅裕司 サンデーヒットパラダイス 新春スペシャル 元旦!江戸っ子!生放送!」とのこと。

ヘルニアでの仕事復帰・発表は『ニッポン放送』であったようです。

そして「皆様からの温かいご声援のおかげでリハビリに励むことが出来ましたことを心より感謝しております」と謝意が綴られていたとのことです。

三宅裕司がデトックスダイエット方法で激やせ?


三宅裕司さんが実践していた、2年で12キロ痩せたという『デトックスダイエット方法』が話題となっているようです。デトックスと聞くと、体の内側から毒素を出して綺麗になるという印象なのですが…ダイエットにも良いようなんです。

デトックスは、「解毒」という意味です。

減量するためのダイエットの手段ではなく、体の中にたまった毒を排出することで健康な体を手に入れるために行う毒抜きということです。

これらの有害物質は、人間の体内の脂肪にたまりやすいのでデトックスすることによって脂肪も減らしていくことが結果的にダイエット、体重の減少につながるんですね。

デトックスで美容的にキレイになるだけではなくダイエット効果まであるなんて、一石二鳥ですよね!『健康的に痩せられる』ので理想であるといえます。

それだけではなく、三宅裕司さんは自然治癒力があがり、なんと鼻炎まで治ったそうです。良いこと尽くめですね。

三宅裕司の身長は?

三宅裕司さんの身長は、『176センチ』なのだそうです。意外と高身長で驚いた方もいるのではないでしょうか。それでは、他の方との身長差を画像で比較してみたいと思います。

スポンサードリンク

画像右の小倉久寛さんは160センチなので、三宅裕司さんとは『16センチ差』です。

かなり身長差がありますよね。16センチ以上あるようにも見えます。

画像左は伊東四郎さんです。伊東四郎さんは166センチです。

少しお顔を斜めにされている為、分かりづらいかもしれませんが、身長の差は『10センチ差』です。体を真っ直ぐにすると10センチの差はありそうです。

画像右は春風亭昇太さんですが、春風亭昇太さんは163センチでこの身長差です。

実際の身長差は『13センチ』です。

色々な人と比較してみると、三宅裕司さんはかなり高身長だということが分かりますね。

三宅裕司が入院後フジテレビに復帰?

三宅裕司さんを検索すると、検索ワードに『入院』『フジテレビ』『復帰』というワードが浮上します。

三宅裕司さんの入院とフジテレビにどんな繋がりがあるのかについて、調べてみました。

実はこれには大きい誤解があるようです。

こちらの方は、フジテレビのアナウンサー三宅正治(みやけまさはる)さんです。

フジテレビの三宅正治アナウンサーが、2017年、急性胆管炎のため司会を務める同局系「めざましテレビ」(月~金曜午前5時25分)への出演を見合わせた。番組冒頭、永島優美アナウンサーが「しばらくお休みすることになります」と発表した。

実は三宅裕司さんが、三宅正治さんと『人間違い』されていたようで、このような検索ワードが浮上したのだろうとのことです。

急性胆管炎は場合によっては命に関われる怖い病気ですので、世間が関心を持ったのだと思われますね。三宅正治さんは何事もなく無事に完治し、退院されたとのことで良かったです。

三宅裕司はがんの難病?

2018年7月22日に放送された番組内で、パーソナリティを務める三宅裕司さんが「過労のため療養中」との報告がありました。

実は2018年6月にお腹がポッコリでてきたことから、病院へ行って診察をしたところ『前立腺肥大』のため尿がでにくくなっていて、そのため膀胱が腫れていたのだそうです。

前立腺肥大というのは『がん』ということではなくこれは内戦という尿道を取り囲む部分に良性の腫瘍が発生尿道や膀胱を圧迫していくといった病気で、肥大することで排尿に障害が出るそうです。

三宅裕司さんの場合は、がんではなく『良性の腫瘍』ということなので、芸能活動をお休みされるようですが、長期に渡って休むようなこともなさそうです。

三宅裕司の現在の画像紹介

こちら上の画像は、見慣れた“ふっくら”としている三宅裕司さんですね。

それでは、『デトックスダイエット方法』で激やせしたといわれている、現在の三宅裕司さんの画像を数枚紹介したいと思います。



2年で12キロ落ちたということですが、かなり痩せられていますね。

野菜を中心とした食生活の改善や、冷たい飲み物を控え白湯を飲む半身浴や足ツボなど色々と試されたようです。

というのも、三宅裕司さんの奥さんが“健康オタク”で、旦那さんの体調を気遣い色々な効果がありそうな物を手当たり次第に薦めていたそうです。

これからも健康には注意をして、コメディアンとして元気に活躍してほしいですね。

スポンサードリンク

コメント