光石研の自宅の場所は?かわいい年齢?結婚してる?身長は?

今回は数々の映画やドラマでバイプレーヤーとして存在感を放っている光石研さんについてご紹介していきたいと思います。

光石研の自宅は豪邸

ドラマや映画で名脇役としての活躍が光る光石研さんですが、そのご自宅が豪華だと話題になっているようです。

光石さんのご自宅は、ご自身でデザインを考えられ、リフォームされています。

天井を取っ払って開放感を出した部屋には、こだわりの家具やオブジェなどが配置されています。おしゃれですね~

家具やオブジェなどは、直感に従って、買い集められたそうです。

すごいセンスですね~

オフの日には、ご自宅で、音楽を聞きながら、まったりされているそうです♪

光石研さんのこだわりが詰まったご自宅のようですね。

スポンサードリンク

光石研さんのセンスが発揮されています。

自宅は世田谷区

上で紹介をした光石研さんのご自宅ですが、気になるのはその所在地です。

いったい光石研さんのご自宅はどちらにあるのでしょうか。

光石研さんお住まいの世田谷区内のマンション、転居されて10年以上のようなんですが、リフォームされた内装が豪華過ぎてお洒落すぎてヤバい!と噂になっています。

光石研さんのご自宅は世田谷区にあるようですね。

世田谷区は成城など高級住宅街もあり、多くの芸能人もお住まいですので光石研さんもその一角なのかもしれません。

光石研のインスタがかわいいと話題

三石研さんは大ヒットしたドラマ「バイプレーヤーズ」でインスタグラムにはまっているというシーンがありましたが、実際にインスタグラムを開設しています。

そんな光石研さんのインスタグラムですが投稿がかわいいと話題です。

光石研さんはインスタグラムをやってらっしゃるのですが、その投稿される画像がめちゃくちゃ可愛いんです!

おじさんって可愛いですよね。僕は20代前半の男ですが、女性がおじさん可愛いっていうのがすごく理解できます(笑)

「バイプレーヤーズ」でも共演をされた「エンケン」こと遠藤憲一さんとのツーショットです。

お二人の笑顔がなんとも愛らしいですね。

光石研の年齢

大河ドラマにも出演され、ベテランらしい味のある演技をされていた光石研さん。

キャリアも長いと思われますが光石研さんの年齢はおいくつなのでしょうか。

光石研の年齢57歳 (1961年9月26日)

光石研さんは2018年現在57歳になるそうです。

若々しい印象を受けますが、実は還暦に近い年齢のようですね。

光石研さんの結婚直後の苦労

光石研さんは29歳の頃に結婚をされたそうなのですが、まだまだ実績は少なく苦労をされていたそうです。

29歳で結婚した光石研は、仕事がない中、たくさんの映画を見て勉強し、どんなオーディションでも受けると事務所に頼み込み、とにかくがむしゃらだったそうです。お金に困って、事務所に借りたこともあった光石研ですが、俳優を辞めようとは思わなかったといいます。

背水の陣でがむしゃらにどんな仕事をこなしていく姿勢が現在の俳優としての深みにつながっているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

光石研の身長

ドラマ「バイプレーヤーズ」では高身長の共演者が多く、身長が低く感じられた光石研さんですが実際の身長はどのくらいなのでしょうか。

生年月日 1961年9月26日
出生地 福岡県八幡市
(現北九州市八幡西区)
身長 173cm
血液型 A型

日本人の成人男性の平均身長が170cmほどなのでほぼ平均ほどの身長のようですね。

光石研の嫁とは今も仲が良好

光石研さんは上でも触れた通り29歳で結婚をしており苦労をともにしています。

そんな光石研さんと奥さんは現在でも仲の良い関係を続けているようです。

光石研さんは、俳優としてまだまだ不遇であった29歳の時に一般女性の方と結婚されています。

俳優と一般女性の関係というと、映画テレビ業界のいわゆる【不規則な生活】に理解がないと成立しないのでは、と思います。

その点、光石さんと嫁の関係は現在も良好のようで、外で呑むよりは〈家呑み〉が今は主流とかで、年一で二人で海外旅行は欠かさない関係だそうですよ。

奥さんは一般人ですが、家で一緒に晩酌をするなど今でもラブラブのようですね。

光石研の若い頃のデビュー作が衝撃的

光石研さんは当初高校時代に映画を1本だけ出演をしたのみでしたが、それをきっかけにして俳優を志したそうですが、デビュー作が衝撃的と話題になっているようです。

16歳のときに『博多っ子純情』のオーディションを受けたところ
いきなり主役の郷 六平(ごう ろっぺい)役でデビューを飾ります!

写真の真ん中が光石研さんですね^^

『博多っ子純情』は1976年から1983年まで、漫画アクションに連載されていた原作は長谷川法世のマンガです。

原作のマンガに忠実に映画化されていて、笑いが盛りだくさん。

物語は九州博多が舞台になっていて、青春の甘く切ない恋心が描き出されていて、当時大ヒットしました。

主人公の郷 六平(ごう ろっぺい)とガールフレンドの小柳類子のやりとりにキュンとした世代には懐かしい映画ですよね^^

郷 六平の名前の由来は、福岡市出身の郷ひろみ(歌手・俳優)に因んだものだそうですよ♪

画像を見てみると若い頃の光石研さんは現在の面影も感じますが、まだまだあか抜けない素朴な雰囲気もありますね。

光石研に子供はいない

奥さんとは現在もラブラブの光石研さんですが奥さんとの間にお子さんはいるのでしょうか。

お子さんについては、全く情報がありませんでした。

おそらくいらっしゃらないかと思われます。

どうやら光石研さんにはお子さんがいないようですね。

光石研に浮気のうわさ

ここまで度々触れてきましたが、現在でも奥さんとラブラブの光石研さんですが浮気のうわさがあるようです。

真実はいったいどうなのでしょうか。

その日の撮影を終え、山口は先に帰宅。その後現場を離れた光石の向かった先は、なんと山口のマンションだった。山口は光石に手料理をふるまい、一人でワインを飲み饒舌になっていく。「私の女優としての目標は女・光石研なんです」という山口の言葉に、光石は思わず顔をほころばせる。食事が終わり、時刻は夜9時。松重から「相談があるんで帰ったら飲みませんか?」というメールが届き、光石は「もうすぐ帰る」と返信するが、ほろ酔いの山口がそれを引き留められ、まさかの展開に……。そんな光石に、不倫大キャンペーン中の某週刊誌の影が忍び寄る。

ドラマ「バイプレーヤーズ」で山口紗弥加さんと浮気をした描写からうわさが出てしまったようですね。

実名で役を演じていることもあり誤解が生まれやすかったのかもしれません。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.