みのもんたがせくはら疑惑!?山田アナとの画像は?吉田明世が否定?引退の理由は?

フリーアナウンサーのみのもんたさん(74歳)のせくはら疑惑に注目が集まっています。山田アナとの疑惑や画像、吉田明世さんが『せくはら疑惑を否定した話』などをまとめてみました。

その他、みのもんたさんの引退の噂が囁かれている真相や、最近テレビで見かけなくなったがその現在の年収などについても調べてみました。

みのもんたのせくはら疑惑

TBSの吉田アナにセクハラ!

8月30日に「みのもんたの朝ズバッ!」のCMあけに、同局の女子アナにセクハラ行為を行ったことが問題となる。

TBSは「セクハラ行為はなかったが、紛らわしい行為だったため、今後このようなことがないよう気を付ける」と、みの本人ではなく番組スタッフが謝罪するという幕引きをはかった。

完全否定とスタッフからの謝罪で収束という形になったようですね。セクハラ行為に関しては、線引きが難しいですので、受け取る側次第な部分もありますので、誤解のないように細心の注意を払わなければいけませんよね。

セクハラ事件の数日後、なぜか吉田アナの降板説がネットに流れる。

スポンサードリンク

「今回の騒動で、みのさんはテレビ局関係者に『ハジをかかされた』と大激怒することになったと、ネットメディアで報じられています。

それで局としては、吉田アナをスケープゴートに事態の収束を図ろうとしているとも言います。要は彼女を番組から降ろすことにより『ご勘弁ねがえないでしょうか』と。そうだとすれば、酷い話ですよ」(女性誌記者)

吉田明世さんを降板させる理由がわかりませんよね。吉田明世さんがセクハラを告発したわけではないですし…。

セクハラ事件の数日後の降板でタイミング的にも、このような話の流れになるのは、仕方がないことなのかもしれませんが、真相はどうなのでしょうか?

山田アナとの画像はある?

女性誌によれば、みのは山田アナに執拗に電話をかけ、「飲みに行こう」「今夜はどうなの?」と誘っていたのだが、しまいには「僕の愛人になったらメインキャスターにだってしてあげられるから」などと言いだした。すでに結婚して人妻となっていた山田アナは、思い悩んで上司に相談。程なくして降板になったのだという。

山田アナはこの件で知人に『マスコミ恐怖症』になったと打ち明けたようです。被害者の立場だといっても色目で見られたくないからという理由で滅入っていたそうです。

不思議なのは、なぜセクハラされたほうの人間が降板するのか、だ。

「みのは開き直って自分を正当化しますから。あらぬ嫌疑をかけられ、セクハラだと思われたことでイメージが悪くなるじゃないか、と。で、『キミらとはやってられん!』となる。思いどおりにならないとダダをこねる子供と同じなんですよ」(ベテランの構成作家)

みのもんたさんが局入りした瞬間から、絶対服従感がありスタジオがピリピリし始めるのだそうです。

みのもんたさんと吉田アナの画像は上記のような番組内での画像しかありませんでした。2人のツーショット画像や、セクハラを露呈するような画像はありませんでした。

みのもんたのせくはら疑惑を吉田明世が否定?

「あのお嬢さんはよくトチるお嬢さんで、その度に背中を叩いたりしていたら、だんだんトチらなくなった」と指導の一環と強調し、「私は腰を叩いたつもりでセクハラをしたつもりはない。彼女に聞いてもらった方がいい。」と語った。

冒頭にも記載した『吉田明世さんとのセクハラ疑惑』ですが、スタッフの謝罪と吉田明世さんの降板で収束を迎えたといわれている件ですね。

2017年12月10日TBS系日曜朝の情報番組『サンデージャポン』において同局の吉田明世アナウンサーが出演し、“完全否定”をしたようです。

スポンサードリンク

なんと爆笑問題の太田は「みの(もんた)さんにもね、お尻触られてね」と爆弾発言。スタジオは爆笑。

吉田アナは一瞬言葉に詰まり固まったが「いえいえ、触られてないですよ」と手を横に振り、笑顔で否定し、大人の対応を見せた。

2013年のことで5年前のことになりますし、本当にセクハラはなかったのか、波風を立てたくなかっただけなのかは分かりませんが、吉田明世さんは否定されたとのことです。

みのもんた昔の番組が全消滅の危機?

みのもんたが、いよいよ苦境に陥っている。足掛け30年にわたって放送してきた文化放送のレギュラーラジオ番組が終了したのだ。

文化放送出身のみのは、同局で1987年から『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』、2014年からは『みのもんたのニッポン discover again』に名前を変えた番組でメインパーソナリティーを務めていたが、3月末をもって終了となった。

テレビのレギュラー番組『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)までもが打ち切りに向けて加速しているとの噂までも浮上しました。

次男のスキャンダルが起きてからは、ラジオ番組になかなかスポンサーが付かず、厳しい時期がずっと続いていました。

ちょうど30年経ったので、これを区切りとして終わることになったのです。(ラジオ関係者)

レギュラー2番組を降板となり、『秘密のケンミンSHOW』は継続決定したものの、スポンサー2社からはCMを自粛という形が続いたということが明かされました。

みのもんた引退?理由は?

現在、みのもんたさんのレギュラーは、読売テレビの『秘密のケンミンSHOW』のほかは、ネットテレビの『みのもんたのよるバズ!』2本のみです。

本人はもう芸能界には興味がないような素振りではありますが、そんなことはなく、実はいろんなラジオ局に自分を売り込んでいるようです。

2016年には、みのもんたさんが引退して出馬をするなどの噂浮上したこともありましたし、『密秘のケンミンSHOW』の降板が確定したと話題になったりもしましたが、現在もレギュラーで司会を務めています。

また、爆笑問題のラジオに出演した際も、74歳とは思えないほどしっかりしたトークを行い、これには現場にいたTBSのスタッフも驚いていたと聞いています。

ギャラさえ下がればTBSラジオとしても、ベテラン枠としてすぐに起用したい人材ではないでしょうか。(某放送作家)

みのもんたさんは今年74歳という年齢もあり、『自身の不祥事』や『次男の騒動』で番組降板が相次いだことで引退を囁かれています。

しかし、みのもんたさん自身は意欲があり、現在もレギュラー番組2本ゲスト出演などをしながら再起を図っているとのことです。

みのもんたを最近見ないけど現在の年収は?

みのもんたさんの現役だった頃の年収は、9億以上といわれていましたが以前のように、現在は帯番組などをもっていないので、その時よりはだいぶ減収しているようですが、自身の父親から引き継いだ会社も経営していますし、今でもそれなりの収入があると思われます。

噂には、今現在も年収4億とも5億ともいわれています

ギネスブックにも登録されるほど、毎日のようにテレビ出演されていたころに比べると、推定年収も半分ほどに激減はしていますが、それでもこの年収です。

今年74歳で金銭面でも困っているようでもないですので、引退しても問題はないはず。

しかし、みのもんたさんは「司会者などで自身の意見を発言することが生きがい」だと心中を語っておられたようです。

かなりマイナスのイメージがついてしまい、テレビ局からもオファーがない状態だそうですが、みのもんたさんが再起を期すことができるのか、注目したいですね。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.