松嶋尚美が妊娠三人目?きらきらアフロとは?出産年齢はいくつ?ブログで報告した?

お笑いタレントの松嶋尚美(まつしまなほみ)さんが、三人目を妊娠していると話題になっています。今回は松嶋尚美さんの三人目の出産について、出産年齢はいくつなのか、公式ブログでの報告はあったのかについて調べました。

また『きらきらアフロ』とは何なのかについてもまとめてみました。

松嶋尚美は三人目を妊娠?

現在は『一男一女』のママタレントとして、安定した活躍をしている松嶋尚美さんですが『三人目の妊娠』が噂されているようです。

松嶋尚美さんは1971年12月2日生まれの現在は46歳です。46歳という年齢で妊娠が話題になっています。これが本当なら凄いことですよね!

松嶋尚美さんは早くも三人目の子供を作ることを考えているそうなんです!

子だくさんが夢な松嶋尚美さんは、2013年に行われたイベントでは、「あと子供が二人はいてもいい」と発言していました。

そのときにはもうすでに、長男と長女を出産されたいましたから、子供を4人ほしいと発言していたことになりますね!

松嶋尚美さんは、第二子の長女を41歳という年齢で出産して、高齢出産で悩む女性たちを勇気づけました。

スポンサードリンク

2013年には三人目を視野に入れていたということで、やはり『三人目を妊娠したという噂は本当なのでしょうか?

『三人目の妊娠』についてブログで報告

三人目の妊娠疑惑について、自身のブログで『お返事』というタイトルで真相について明かされました。

3人目の妊娠→してません…。3人目…私は根性が足りません…。

「子供は4人ほしい」と発言していた松嶋尚美さんですが、現在は『根性』が足りないとの理由で妊娠はしていなかったようです。

子だくさんが夢だと語る松嶋尚美さんですので、育児が一段落したときに『三人目の妊活の報告があるかもしれませんね。

きらきらアフロとは?

松嶋尚美さんを検索すると検索ワードに『きらきらアフロ』というワードが出てきますが、きらきらアフロとは何なのでしょうか?


『きらきらアフロ』とはテレビ大阪で毎週金曜日の24:12~から放送されている、笑福亭鶴瓶さんと松嶋尚美さんが司会を務めるバラエティ番組です。

スタジオの女性観覧客が注目する松嶋のファッションチェックや、本番後の楽屋裏も紹介。楽屋裏では、トークを終えた鶴瓶と松嶋にダメ出しをする、“ホワイトアフロ”が登場。各回別人が担当する“ホワイトアフロ”の正体は、2人にも知らされていないため、話す内容から正体を探る2人の様子も見もの。

この番組は「台本ナシ」「打合せナシ」「反省会ナシ」なのだそうです。

2018年からは、きらきらアフロTMという名称で放送されています。

きらきらアフロでの松嶋尚美の発言が問題?

台本ナシ打合せナシのためリアルな声が届けられる分、若干の問題発言などもあるようで反感を買うことも…。

松島さんの子育て方法に問題がありすぎ。

それが気になって純粋に楽しめなくなった

松島さんの子供と、同級生や同じクラスになった人が気の毒に思います。こんな育て方をされると子供は、ソシオパスになる可能性も。

万人にウケる子育てなどないとは思いますが、松嶋尚美さんは『松嶋流・子育て方法』の育児本を出版されている方なので、少し残念に思ってしまいますね。


スポンサードリンク

笑福亭鶴瓶さんと松嶋尚美さんのリアルな声を届けるのがコンセプトの番組ですが、ネット上では、辛口な批判の意見も多数あがっているようです。

松嶋尚美の出産年齢はいくつ?

40歳からの『二度の高齢出産』を経験していることで有名な松嶋尚美さんですが、出産年齢はいくつだったのでしょうか?

2011年12月14日に一人目の子供である珠丸じゅまる)くんを出産。

2013年6月18日には二人目の子供である空詩らら)ちゃんを出産。

松嶋尚美さんは1971年12月2日生まれの現在は46歳ですから、第一子の珠丸くんの出産時の年齢は『40歳』、第二子の空詩ちゃんの出産時は『41歳』です。

とても高齢だとは思えないハイペースで出産されていました。年齢だということもあり『不妊治療』は行っていたようです。

妊娠はブログで報告した?

松嶋尚美さんはマメに自身の公式ブログで、日々の育児の奮闘記やお弁当などを記載しています。妊娠・出産時についても、ブログでファンの方々に向け報告されています。

松嶋は「赤ちゃん」と題したブログを更新すると、「実は、2人目が、今、お腹にいます」と報告。「バレてたかしら?!お腹、結構出る体質やから…」とつづった松嶋は現在妊娠16週1日で、5か月に入ったことを明かした

第一子妊娠時は7週目で出血して仕事を休養した松嶋尚美さんでしたが、第二子は11週で出血してしまい、大変な状況であったとのことです。

暫くは体調を崩したとして、ブログの更新を休んでいた時期がありました。

それでは、『第一子出産報告』『第二子出産報告』についてまとめたいと思います。

『第一子・珠丸』出産のブログ報告

2011年12月14日、第一子出産のブログでの報告を紹介したいと思います。

安産で長男誕生しました!安産を願ってくださった皆様ありがとうございました。私は麻酔を使ったお産を希望してました!痛いの嫌やから。

痛いのが嫌だったという松嶋尚美さんですが、ハンマーで殴られたくらい腰痛が酷く、陣痛も3分間隔で破水もしていないのに震えるほどの激痛であったと語っています。

『赤ちゃんの頭が見えてますよ!がんばって!!……生まれますよ!生まれるところ、見てください!』って、3秒後に、赤ちゃんが姿を現しました。感想は…正直この子がわたしの赤ちゃんなんや~って冷静やった。

少し落ち着いて、違う場所でケアされている我が子を見て、一気に愛おしさがこみあげてきたのだそうです。高齢出産での第一子が安産で良かったですよね。

『第二子・空詩』出産のブログ報告

それでは、2013年6月18日第二子出産のブログでの報告を紹介したいと思います。

娘が誕生しました。10センチ開くまでは時間がありましたが、、、ベッドが、分娩仕様になってから3分ほどで産まれた 『安産』でした。産まれて、すぐに産声をあげて、めちゃ安心したのが印象に残ってます。和痛分娩だったので、体力にも余裕があり、記憶もバッチリです。

自然分娩と和痛分娩、両方体験できたのもよかったかな。

第二子は『和痛分娩』で、麻酔を使って出産時の痛みを和らげながら出産する方法を選択したようです。和痛分娩とはいえ、予想していたよりは痛かったそうです。

子宮口が開いてからは3分で生まれるという超安産で、第一子の出産時とは違い喜びを噛みしめる余裕もあったようです。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.