北斗晶の乳がんステージは?病院どこ?症状のタイプは?現在は再建した?

プロレスラー

元女子プロレスラーの北斗晶(ほくとあきら)さんの体調に注目が集まっています。

「乳がん」であるといわれていますが、ステージは?症状や再建手術などについて詳しく調べてみました。また治療はどこの病院で行われていて、余命宣告や現在の北斗晶さんの再発の可能性についてなど詳しくまとめたいと思います。

北斗晶は乳がんなの?ブログで公表?

夫の佐々木健介さんとも夫婦仲が良く、順風満帆な人生を歩んでこられた北斗晶さんですが、2015年9月にブログで「乳がん」を患っていることを公表しました。

元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さんが2015年9月23日乳がんで入院していることを、公式ブログにて発表しました。

24日の朝に、右乳房の全摘出手術を受ける予定になっているそうです。

右乳房全摘出を告げられたときは、あまりの恐怖とショックに泣き崩れてしまったようです。女性にとっては想像を絶するほどの深刻な問題ですよね。

どうしても、胸の全摘出を受け入れられずにいると…主治医から [胸の事よりも今は5年先、10年先、生きることを考えましょう。生きること

スポンサードリンク

こう言われた時に初めて、今の自分は命さえも危険な状態なんだと分かりました。 そういう病気なんだと。

そこで、初めて自分に置かれている状況をやっと把握することができたんですね。この時、お子さんの将来や、旦那さんである佐々木健介さんのことが頭をよぎったといいます。

病気を発見したきっかけや症状は?

北斗晶さんは毎年しっかり定期検査を行っており、初期の段階で右胸に違和感を感じたとのことですが、何もせずにそのままにしていたようです。

1番初めに何かがおかしいと感じたのは、うつ伏せになって床に転がった時でした。 うつ伏せで、胸を圧迫した事で右胸にチクッとする痛みを感じました。 2015年頭のまだ寒い時期です。 でも、身内にも乳癌の人はいないし、毎年マンモグラフィーもエコー検査も受けてるので、その安心感から圧迫されただけの痛みだとしか思いませんでした。

定期検査を受けている分、安心されていたようですが、あまりにチリチリする痛みが続くので秋に予定していた定期検査を繰り上げて医師に相談されたようです。

そして忘れもしない、7月7日七夕の日の夜でした。

調べてもらった先生に病院に来てくれと呼ばれ。 検査結果を聞きに病院に健介と2人で向かいました。 先生の口から初めに出た言葉が… 調べた胸の細胞から癌の陽性反応が出たと…

告知を受けたときは実感があまりになく、周囲の人やお子さんには内緒で治療を行うことを決意されていたようですが、実際は症状が重くそうも言ってられない状態だったようです。

乳癌のステージは?タイプは?

気づいた時点で既に「症状が重かった」といわれている北斗晶さんですが、ガンのステージはいくつだったのでしょうか?

2015年9月の乳がんの手術後の会見でガンのステージについての公表がありました。

右脇のリンパ節まで転移していた乳がん。進行度はステージ1~4のうち「ステージ2b。極めてステージ3に近い」と説明した。

乳がん術後に“脇にまで転移が見られた”ということです。毎年、定期的な検査をしていた北斗晶さんですから早期に発見ができたので不幸中の幸いだったかもしれません。

ですが、定期検査をしているからといって安心していたのではダメだということです。違和感を感じた時点で、早急な医師への相談が必要だったわけですね。

治療をしていた病院どこ?

北斗晶さんが、手術・入院をしていた病院がどこなのか話題になっているようです。

スポンサードリンク

北斗さんは10月1日のブログで「結婚20年目の記念という事で、病院の近くにあるケーキ屋さんでお祝いのケーキをパパが買ってきてくれました。」とのコメントとケーキの画像をUPしており、そのケーキには「CHARDON」のロゴ入りの紙がささっていました。

埼玉県に「CHARDON」という名のケーキ屋さんは3店舗。そのなかで病院の近くとなると、埼玉県越谷市南越谷にあるシャルドン新越谷VARIE店しかなく、そこから越谷市にある獨協医科大学越谷病院だと推測されました。

その他、北斗晶さんがブログに投稿した画像の病衣のズボンの裾に、獨協医科大学越谷病院のマークがあったそうです。ということで、推測通りで間違いないと思われます。

現在は再建したの?

現在は乳房再建技術が格段に進歩しており、外見からは傷がほとんど分からない上に、2014年からは自費負担ではなく、保険適用となっています。

右乳房全摘出手術を受け、わきのリンパまで転移したがんを取り除いた手術を受け、わきの神経も取ったことを明かにした北斗だが、「今は明るく『(乳房を)見て』って。再建(手術)したら、こんなキレイなオッパイだって。私が唯一、同じ病気の人にできることとしたら、元気な姿を見せるだけ」と、右乳房の全摘手術後、乳房再建手術を受けたことを告白した。

告知を受け右乳房全摘と聞いた時は、あまりのショックで泣いてしまったという北斗晶さんですが、再建手術をしたことで、救われたといいます。

ネット上では「潔さが命を救ったね!」「心も健康になれると思う」「張り切りすぎないでね」と、続々と北斗晶さんを応援する声が寄せられていました。

北斗晶の現在の余命宣告は?

北斗晶さんの公表では「ステージ2b。極めてステージ3に近い」とのことでした。北斗晶さんは、医師から余命宣告をどう受けたたのでしょうか?

北斗さんによると、がんのステージは2で、「5年後の生存率は50%と主治医から聞いた。北斗が頑張っているから頑張ろう、と思ってもらえたら、右胸をなくしたことも無駄ではない」などと気丈に話した。

5年後の生存率が50%と、それほど高くない数字を突然突き付けられ、目の前が真っ暗になったことでしょうね。それでも気丈に家族を想われ闘い、同じ病気を患っている方の配慮までされる北斗晶さんには、敬服するばかりです。

そして、北斗晶さんは闘病生活による芸能活動を休止から1年2ヵ月で、現在は元気に仕事も復帰していらっしゃいます。

北斗晶に再発の可能性?再発か?

2018年3月3日に自身のブログを一時休止するとの発表があり、「がんが再発?」と心配する声が多数挙がったようです。

ご心配をおかけして申し訳ございませんが…
数日間、ブログをお休みさせていただきます

北斗晶

このブログに対し「大丈夫ですか」「すごく心配です」という多くのコメントを受け、同日に「体調が悪いわけではありません」と更新されました。

現在は、以前のように元気いっぱいのブログを更新されています。

ネットや一部週刊誌では「乳がんが再発したのでは」「親友のテルさんが急死した!?」などのウワサもありましたが、いずれも真偽のほどは不明

その後も元気な姿で番組出演されていたことや、現在はブログを再開されていることを考えると「がんの再発」とは無関係であったと思えます。

これからも明るい笑顔とポジティブさで、多くの方に勇気と希望を与えてくれること、そしてがんの克服に期待したいですね。

スポンサードリンク

コメント