吹石一恵の弟は野球人?画像あり。母親はフィリピンでハーフなの?

女優

女優の吹石一恵(ふきいしかづえ)さんの弟や母親に注目が集まっています。

今回は福山雅治さんと結婚をして一児の母となった吹石一恵さんの家族について詳しくまとめてみました。弟は野球をしている?弟の画像や、母親がフィリピン人で吹石一恵さんがハーフだという噂について調査してみました。

吹石一恵の弟は野球をしている?画像は?

吹石一恵さんの父親の吹石徳一さんは、近鉄の元プロ野球選手であることは知られていますが、その才を引き継ぎ二人の弟さんも野球をしているという噂が浮上しています。

吹石一恵さんは3人兄弟の一番上で、下には弟が二人います。

長弟も末弟も二人とも野球人であるようです。

長男の吹石知勇さんは、1984年生まれで吹石一恵さんより2つ年下。

二男の吹石泰隆さんは、1986年生まれで吹石一恵さんより4つ年下。

そんな弟二人の「野球人生」について、詳しくまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

長弟・知勇はどんな選手だった?

長弟の吹石知勇さんは、高校1年生の時点で188センチ・88キロとかなり大柄で体型に恵まれていたそうです。

奈良県の智弁学園高校に進学し、野球部に入部。1年の冬にはベンチ入りをしています。智弁学園高校は夏の甲子園出場17回春の甲子園は出場9回を誇る奈良県屈指の野球名門校ですから、かなりの実力者だったことが伺えます。

野球名門校の1年生であるにも関わらずベンチ入りをしている辺りは、さすがといったところですよね。当時の吹石知勇さんは「体格・強肩と素晴らしいものを持っているキャッチャーだった」と語っていたようです。

2001年・2002年には甲子園に出場すると、いずれの大会でもチームはベスト16まで進んでいます。吹石知勇さんは2002年夏の甲子園でレギュラーでキャッチャーとして活躍したこともあり立命館大学に進学し、野球部に所属。1年生のときはキャッチャーでしたが、3年生のときはピッチャーで登録されていたようです。

大学3年生の頃は、189センチ・89キロの体格ですから、上から投げ下ろされる球は凄い迫力だったんでしょうね。

末弟・泰隆はどんな選手だった?

末弟の泰隆さんも、やはり180センチという高身長なのだそうです。父・徳一さんは内野手、兄・知勇さんはキャッチャーでしたが、泰隆さんはピッチャ―だったようです。

スポンサードリンク

高校時代の吹石泰隆さんは、奈良県立御所工業高校で野球部に所属。同校は1962年・63年と春の甲子園に出場したこともあり、プロ野球選手も10人近く輩出しています。しかし、その後はそれほど目立った戦績は残していません

吹石泰隆さんが所属していた2002年夏から2004年夏の時期も、吹石泰隆さんが3年だった2004年夏の奈良県大会ベスト16を含め、ベスト16が2回、二回戦敗退が2回、一回戦敗退が1回という戦績でした。

高校時代こそは戦績が残せなかったものの、高校卒業後は京都産業大学に進学し、卒業後はOBC高島に入団。2011年には航空自衛隊に入隊し、野球チームに所属します。

2012年に開催された第38回日本選手権北海道予選を勝ち上がり、見事日本選手権に出場。本選ではレギュラーが業務の都合で欠場したこともあり、1回戦で七十七銀行に0-2で惜敗します。

吹石泰隆さんも7回から登板。140km/hのストレートと変化球で緩急をつけたピッチングを見せ、2回を無失点に抑えています。

兄弟揃っての甲子園出場とはなりませんでしたが、兄弟二人とも体型にも恵まれ、元プロ野球選手である父親の才をしっかり受け継がれているようですね。

吹石一恵の母親はフィリピン人?吹石一恵はハーフなの?

吹石一恵さんの母親は、フィリピン人で日本でホステスとして働いているときに、父・徳一さんと出会ったという話がまことしやかに囁かれています。

吹石一恵さんの二人の弟の顔をよく見てみると、ちょっと外国人っぽい気がしませんか?そして、写真に写っている母親も見ようによってはフィリピン人に見えなくもないけど…決定打には欠ける気がします。

『徹子の部屋』で公開された家族写真が噂の発端のようで、二人の弟さんが外国人ぽい彫りの深い顔つきをしていらっしゃることから、このような噂が浮上したのだと思われます。

そういった理由だけでハーフと確定付けるのも無理がありますね。

吹石一恵さんの母親は、2013年6月30日の『おしゃれイズム』に電話で出演しました。吹石一恵さんの幼少期のエピソードを話していたのですが、普通に面白くてウケていたので、上田晋也さんに「次はお母さんがゲストに来てください」と言われていました。

その時の会話での日本語の発音は、なんと完璧なイントネーションでした。全く違和感がないネイティブの日本語でした。あの話し方からすると、母親は外国人ではないでしょうね。

日本語のイントネーションは大変難しく、日本語の語彙力が高い在日外国人でもイントネーションが完璧な人はそういないといわれています。

それだけ日本語の発音は難しいものなので、吹石一恵さんの母親のイントネーションが完璧であったことから、外国人ではないということが証明されたようです。

スポンサードリンク

コメント