西村由紀江の結婚式はどうだったの?歯が汚い!?

今回は、ピアニストの西村由紀江さんについて見ていきたいと思います。

西村由紀江は結婚しているの?

西村由紀江さんは、ご結婚されていません。

独身だそうです。

綺麗な方なので結婚されているのではないかと思えてしまいますが意外ですね。

未婚の理由は?

家庭環境が複雑だったことが一つの要因と考えられます。

なにか結婚できない理由がありそうですね。

家族構成は?

父親と母親それと弟の4人家族でした。

ここは普通な構成に思いますね。

スポンサードリンク

父親の性格

父親は種子島出身で「女のくせに」「子供のくせに」が口癖で、自分の枠からはみ出すと、とんでもなく怒りだす性格だったそうです。

家庭内で「笑う」ということも許されないような状態でいつも緊張して生活していた西村由紀江さん。

学校でも素直な感情表現ができなくなっていきました。

笑いのない生活はしんみりしてしまいますね。

「笑う門には福来たる」とも言いますから笑いの有る生活がほしかったですね。

親の夫婦喧嘩が絶えなかった

そういった環境が、いろいろな病気の原因だったと後から気づいたそうです。

父親と母親は喧嘩が絶えず激しい言い争いをピアノの音で必死に消すように練習していました。

西村由紀江さんがデビューした時も母親が心配で家を出ることができず、親に「離婚して」と言って調停まで持っていったと言うほど切羽詰まっていたそうで西村由紀江さん自身の精神状態も不安定だったそうです。

親の夫婦喧嘩をピアノの音でかき消さないといけないほどの状況は嫌なものがありますね。

このような半強制的なピアノの練習で、ピアノが純粋に好きになれなくもなりそうですね。

親が離婚

その5年後、両親は離婚。

西村由紀江さんのアトピーも治り母親も元気になっていったそうです。

この場合の離婚はどちらかというと良い方に向かうための離婚だったのでしょうね。

スポンサードリンク

素敵な曲を弾く西村由紀江さんですから、きっとやさしい心の持ち主なのだと思います。

人付き合いの秘訣は?

「距離感が長続きの秘訣」だとおっしゃっています。

西村由紀江さんはピアノを何度もやめたいと思ったことがあり、それと同じぐらいピアノがやりたいという思いがあったそうです。

「やめる」「やってみる」の繰り返しで西村由紀江さんとピアノとの間に築かれた、つかずはなれずの関係。

西村由紀江さんは、人との関係にもこの距離感が大切だと思っています。

人は近づきすぎてもお互いにぎこちなくなってしまいますから、ほどよい距離感というのが大切なのでしょうね。

それをピアノから教わったというのが、ピアニストとしてのコメントは深いものがありますね。

ヤマアラシは身を寄せすぎるとお互いの針で痛いので、夫婦であっても適当な距離を保って暮らしているそうです。

ヤマアラシに例えるとはわかりやすいですね。

西村由紀江にコンプレックスがある

西村由紀江さんには、話すのが苦手というコンプレックス意外にも手が小さいというコンプレックスも持っていました。

西村由紀江さんは、オクターブがぎりぎり届くくらいなのだそうです。

それでもピアノを上手に奏でるわけですからそこはこれまでの努力の賜物ですね。

手が小さいから曲をアレンジ

西村由紀江さんは、手が小さくて楽譜通り弾けない所は自分でアレンジして引いていたそうです。

西村由紀江さんの作曲するピアノ曲はどれも指が届いて引きやすいです。

コンプレックスをバネにして、アレンジという感性も磨かれたと考えて良さそうですね。

西村由紀江の歯が汚い?

葉が汚い、という噂が流れています。

実際はどうなのか、画像を見てみるとあまり気にならないようにも思いますが、ちょっと隙間がある部分がありますね。

気になる人は気になるのでしょうか。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.