真矢ミキの宝塚時代の画像が凄い!?鼻の穴や毛穴が気になると噂!?

今回は、真矢ミキさんについて見ていきたいと思います。

真矢ミキの宝塚時代の伝説とは?

同期には黒木瞳さんがいたそうで、数々の伝説を作ってきたそうです。

”宝塚の革命児”と言われるほどの存在だったのだとか。

入団から退団までの経歴は?

大地真央への憧れから中学校卒業後、1979年に宝塚音楽学校に入学し、1981年に67期生として宝塚歌劇団に入団し活躍していました。

1979年 宝塚音楽学校入学

1981年 宝塚歌劇団入団(67期)

1981年3-5月 初舞台「宝塚春の踊り/ファーストラブ」(花組)

1992-95年 二番手スターとして活躍。トップ級の扱いを受けるほど人気実力ともに秀でていた。

1995年 「エデンの東」で花組トップスターに就任

スポンサードリンク

1998年10月5日 「SPEAKEASY」東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団退団

やはり憧れの人がいたからこそ、夢が大きく頑張れたのでしょうね。

劣等生だった!?

真矢みきは宝塚音楽学校の入学時試験では39人中37位だったそう。

宝塚退団後はインタビューなどで自分自身のことを「劣等生だった」と語っている真矢みき。

今では有名だと思うのですが、そこから這い上がったというのが凄いです。

宝塚の常識を破った!?

いくつか宝塚の常識を破ったそうですね。

メイクを変えた!

男役も娘役も、アイシャドウは水色に紫、そして口紅は赤だった宝塚。

真矢みきは、「男でそれはありえない!」と言い、目元をグレーにし、口紅はベージュ系の落ち着いた色に変えたそうです。

今の宝塚は、真矢ミキさんが言うメイクだと思うので、それが当たり前となったようですね。

「周りの男役は女子校出身者ばかりで、共学出身の私は間近で見てきた男の子の良さを取り入れようと思った」と語っています。

自分の意見をしっかりというという気持ちが周りのみんなを動かしたのでしょうね。

男役で髪型はロン毛!

昔から宝塚歌劇団の男役といえば、カツラを使用するとき以外は上の写真のように、女性で言うところのベリーショートヘアーが定番ですよね。

ですが、真矢ミキさんは宝塚で初めてのロングヘアーの男役トップスターになりました。

このころ90年代後半は、キムタクなどの有名人がロン毛で活躍していました。

その時代背景に合わせるかのようにロン毛で出演したのでしょうね。

異例のソロコンサートを開催した!

1998年に、真矢みきは自らの発案で、つんくプロデュースの、宝塚歌劇団初である”真矢みき日本武道館コンサート”を開催。

その名も“真矢みきスーパーリサイタルin日本武道館「MIKI in BUDOKAN」”。

この真矢みきのソロコンサートは2日間で3万人を動員し、大成功だったそう。

そして宝塚在籍時にコンサートを開く行為は異例中の異例だったそう。

自分のやりたいことをやるという、その足取りを見ているだけでも気持ちがスカッとしますね。

当時シャ乱Qのボーカルとして人気だったつんくさんがトータルプロデュース。

2日間に渡って花組のスターたちを引き連れてレーザービームが飛び交うパワフルなパフォーマンスを披露しました。

いつもは劇場で座って観劇しているファンも客席は総立ちという熱狂的な舞台は、それまでの宝塚歌劇のイメージを覆すものでした。

ファンの方も斬新な演出に楽しめたようですね。

まさに良い意味で常識破りですね。

篠山紀信とコラボで写真集を出版!

写真家の篠山紀信と真矢みきが宝塚時代にコラボを組んだ写真集・Guy。

内容は、真矢みきが男役・女役の2役をするストーリー仕立ての写真集となってます。

現役タカラジェンヌが外部の写真家、それも篠山紀信さんのような有名写真家に撮影される事自体が貴重なんだそうです。

現役タカラジェンヌが外部の写真家、それも篠山紀信さんのような有名写真家に撮影される事自体が貴重なんだそうです。

スポンサードリンク

男女2役という発送も凄いですね。

画像をみても様になっていますね。

元々宝塚で男役にも慣れているでしょうから抵抗も少なく撮影ができたのではないでしょうか。

なにが”異例”かというと、、、

宝塚には「男役はスカートを履かない、胸元の開いた服を着ない」という暗黙のルールが存在しています。

ファンは男役の美しく上品な男らしさに魅力を感じているので、そんなファンの夢を壊さないためにも、たとえプライベートの場であっても男役の人たちは女性らしい格好をすることはありません。

異例づくしといった写真集だったのですね。

ある意味ファンの宝塚に対する常識をも破ったというところでしょうか。

同期は誰がいるの?

同期にも今でもメディアでお見かけする方が何人か居るようです。

黒木瞳

黒木瞳(涼風真世)がいるそう!真矢みきと同期である黒木瞳も月組トップ娘役だったようです。

黒木瞳さんも有名ですね。

涼風真世

るろうに剣心の主人公・緋村剣心役のアフレコとしても有名ですね。

純名里沙

相手役には純名里沙がいたそうです。

同期は有名ドコロばかりですね。

真矢ミキの鼻の穴が気になる!?

巷では、真矢ミキさんの鼻の穴がきになると噂されています。

巷の意見は?

真矢ミキが芸能界にデビューを果たし
テレビでの露出が多くなってからのようです。

ネット上では真矢ミキの鼻の穴について

「美人だけど鼻の穴が気になる」
「真矢ミキは鼻を整形している」
「鼻の穴ばかりに目がいく」

などなど鼻の穴が気になると言われていました。

綺麗だからこそ色々言われてしまうのでしょうね。

昔の画像と比較

こちらが若い頃の画像です。

こちらが最近の画像です。

撮影するカメラの角度にもよるのだと思います。

鼻筋がとおっているかのように見えますが、みなさんはどのようにみえるでしょうか?

ちょっと話はそれますが、歯並びがきれいになったと思います(^o^)

鼻声だという意見もあるようですが、ちょうど風邪気味だったということかもしれませんね。

真矢ミキの毛穴や肌について?

現在でも若々しい50代とは思えない美貌をお持ちですね。

上の画像をみても毛穴は気になりませんし、綺麗なお肌に見えますね。

肌のお手入れ方法は?

真矢ミキはほとんどエステに行くこともないようです。
帰宅後はすぐにクレンジングと洗顔をしていると言われています。

その他には食事や運動に気を付けていると言われています。

ということは、内側からきれいになるということなんでしょうね。

洗顔石鹸に気をつけている!?

「茶のしずく」という洗顔石鹸のCMに出演していました。

これを使用すると毛穴の黒ずみや肌が綺麗になると言われており、ネット上でも話題となりました。

真矢ミキさんは、もしかしたら茶のしずくを使って、今度は外からもきれいになるようお手入れをしているのかもしれませんが・・・

しかし、その『茶のしずく』が小麦加水分解を使用した石鹸で、それを使ってが小麦アレルギーになった人が続出して問題になったことも。

その時真矢ミキさんは「あきらめないで」ってCMで言っていたので、あきらめないでその石鹸を使って症状もでた人もいるので、タレントとしてはイメージダウンになってしまいました。

これは残念な噂ですが、商品側の話ですね。

真矢ミキさんの魅力に変わりはありませんね。

→ [関連記事] 真矢ミキの旦那や子供や病気について

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.