高田聖子の父親は住職で実家は法隆寺!?元夫は高杉亘。子供はいたの?

今回は、女優の高田聖子さんについて紹介したいと思います。

父親は?

世界遺産・法隆寺(奈良県斑鳩町)を代表する学僧で、2017年4月に76歳で亡くなった高田良信(りょうしん)長老(聖徳宗法隆寺長老、第208世管主)

お坊さんということなのですね。

格式が高そうですね。

最後の手紙とは?

長老が生前、したためた「最後の手紙」の一節だ。長女で女優の高田聖子さん(49)が告別式で読み上げた。やがて来る死を見つめ感謝の言葉まで残して逝った長老。最期の迎え方を考える「終活」が話題に上る今、達人の「人生のしまい方」を聖子さんに語ってもらった。

「このたび私もいよいよこの世から旅立つこととなりました」

病気だったの?

長く肺気腫を患い、呼吸がしづらいので煙を嫌っていました。

『最期までお焼香の煙でいぶされたくないから、献花にしてほしい』

お寺の人なのに煙を避けるのは意外ですね。

スポンサードリンク

でも自分の葬式でも煙を避けるのは意志の強い人だったのでしょうね。

段取りが良かった?

葬儀場も「なるべく誰の負担にもならないように」と、交通の便のよい場所をあらかじめ本人が決めた。

「お供えやご香料、ご供花なども遠慮するように」という指示も残した。

葬儀の「主役」の見送られる人は、その場にはいない。だが長老は、その場におらずして葬儀を仕切ったようだった。

「数年前から葬儀について考え、私たちにも時々、話してくれました。

万事に段取りのいい人でしたが、まさかここまでだったとは」。

思わず笑みがこぼれた。

さすがに住職なだけあって、葬儀のデメリットを熟知していてそれを、解決していますね。

凡人には真似ができませんね。

お寺について母親は?

スポンサードリンク

お寺には、ドアが一つもないことから、

高田さんのお母さんが、

夏は廊下に蚊柱が立ち
秋は落ち葉の吹きだまりができる。

と、おっしゃっていたことがあったそう。

実家がお寺ということですね。

夏はきっと都会に比べたら涼しくて暮らしやすいというようなメリットもきっとあるのだと思います。

元夫は高杉亘!

高田聖子と熱愛だったのは俳優の高杉亘さんです。

結婚した日はいつ?

2003年12月

馴れ初めは?

お二人は、1998年、
NHK朝の連続テレビ小説「やんちゃくれ」での、
共演で知り合われ、交際に発展。

その後、同棲を経て、
結婚に至ったそうです。

約5年の交際期間ということで、なかなかの長さですね。

俳優と女優ということから共演で知り合う、芸能界ではよくあるパターンですね。

共演はあったの?

結婚後の2004年には、
舞台「髑髏(どくろ)城の七人~アオドクロ」で、
夫婦共演を果たされるなど、
仲睦まじいご様子だったのです。

結婚後も共演は合ったんですね。

離婚したの?

2006年6月、
結婚からわずか2年半で離婚。

短い結婚生活だったのですね。

離婚理由は?

お互い仕事が忙しく、すれ違いの生活が続いたためで、

ケンカ別れではないことから、
離婚後も友人としては、
良い関係が続いているのだそうです。

人気の二人となるとすれ違いも生じてしまうのでしょうね。

でも友人として良い関係が続いている点では芸能界でやりやすそうですね。

子供は?

お子さんはいらっしゃいませんでした。

結婚生活が短かったことも理由なのかもしれませんね。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.